夫婦円満になるには?夫婦円満コツを伝授!

夫婦喧嘩で手をあげない

スポンサーリンク

長く夫婦生活を続けていると、どうしてもパートナーに対して不満や納得出来ないところが出てくることでしょう。
最初は我慢していても、積もり積もって大爆発…なんて話はよく聞きます。
夫婦円満であるためには、時には喧嘩も必要。
互いの意見を交換し合い、着地点を見付けるのです。


しかし、自分に非がある場合や、自分の言い分が正当ではない時であれば、パートナーを納得させることが出来ない時もあるでしょう。
そんな時、多くの方は自分に非があることを認めてパートナーに謝罪するなり、自分の言い分を引っ込めるなりします。
ところが、中には自分の言い分が通らないことや、パートナーに論破されてしまったことに腹を立て、手をあげてしまう人もいます。
どんな理由があれ、パートナーに手をあげるなど言語道断。
今までは夫婦円満であったとしても、そのたった一度の暴力が離婚に発展すると言うケースも少なくありません。

スポンサーリンク

夫婦円満であるためには、言うまでもなく暴力は厳禁。
特に男性は女性に比べて力も体格も勝っているので、当人は「軽く小突いた」つもりでも、女性に強い恐怖感を抱かせてしまいます。
もちろん、だからと言って女性側が男性に暴力を振るって良いと言うわけでもありません。


DVが理由で離婚すると言う話は、そう珍しいものでもありません。
たった一度手をあげただけでDVなんて大袈裟ではと思うかも知れませんが、それくらい暴力問題は深刻なものとして受け取られるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加